工事内容のご紹介

屋根・雨樋・外壁(金属サイディング)工事

屋根

屋根は家の中でも、日光や雨などを直接遮る部分のため、
消耗や劣化などのダメージが大きな場所です。
ひび割れによる雨漏りや、腐食はそのままにしておくと家全体に影響が出ます。
耐用年数は約20年~30年ですが、そのためには定期的なメンテナンスが必要です。


雨樋

雨樋は屋根にたまる雨水を排水し、建物全体または一部に浸水などの影響が出るのを防ぐ役割を担っています。雨樋があることで建物の耐久寿命を延ばすことができます。
雨樋自体の耐用年数は約20年ほどですが、一定のメンテナンスが必要になります。
雨樋のつまりやひび割れなどがあれば撤去・修復・取り換えいたします。


外壁(金属サイディング)

外壁は主に雨風を防ぎ、音や熱を遮断する役割を持つものになります。
金属サイディングは外壁の中でも低コストで機能性に優れた素材になります。
近年では徐々にシェアを広げ、外壁リフォーム市場では最も選ばれています。
経年劣化しにくく、最低耐用年数はおよそ20年になります。
建物に優しい軽量の素材でありながら、断熱性、耐火性にも優れており、ひび割れや腐食にも強いという特徴があります。